水のトラブルと様々な被害との関係

水のトラブルと様々な被害との関係 排水管の水漏れやトイレの詰まりなどの水のトラブルは、日常生活を送る際起こる可能性があります。相応の知識があったら自分で対応したり、水道 評判の良い会社に修理を依頼して直すことになるでしょう。放置したり間違った対処をすることで、大きな被害に繋がりかねません。具体的には建物の腐食を起こしたり、生活者に健康被害を与えるなど、二次被害による大きなダメージを受けてしまいます。いざという時に役立つ知識と対策を把握しておくことは、被害を最小限に抑えることに繋がります。

■水のトラブルで生じる一次被害

水漏れや詰まりなどの生活場面で起こる水のトラブルは、放置してしまえば建物の破損につながるリスクをはらんでいます。具体的には屋根や外壁の破損や床の浸水などが該当します。進行すると天井にシミが生じたり、被害を受けた箇所からカビが発生するでしょう。建物全体の劣化が進み、快適な住生活を送ることができなくなります。被害が大きくなってからリフォームを専門業者に依頼をすると、掛かる費用と時間が大きくなります。
賃貸物件の場合は他の住居者もいますから、水のトラブルが起きると自分だけの被害では終わりません。自衛としては、水回りの清掃を兼ねた、定期的な点検をすると良いでしょう。台所の場合は、シンク下のカビの発生や排水口の詰まりなど、確認する箇所があります。洗濯機ではホースの亀裂発生の有無や、トイレなど汚れが付きやすい箇所のシミの有無も確認する習慣をつけると、衛生面でもプラスになります。自分でのメンテナンスや応急処置も必要ですが、気になる箇所を発見したら、管理責任者や水道 評判の良い業者に相談をしてください。

■水のトラブルで生じる二次被害
たとえ小さな被害であっても、水漏れなどのトラブルは建物にダメージを与えている状態です。そのうえ二次被害となれば、影響は物件だけでなくなります。住生活を送る方の健康面の被害も、相応に大きくなります。カビが発生することで、アレルギー性疾患や気管支喘息などのリスクが高くなります。たとえ人体に症状が出なくても、気持ち良く生活を送れません。水のトラブルが起きた箇所の修理だけでなく、乾燥や除菌を行う必要があります。
電化製品がある箇所で、水のトラブルが起きた場合は漏電の可能性が高まります。また、コンセントやプラグに水の被害が及ぶと、電化製品の故障はもちろん、漏電による火災が起こる可能性が出て来ます。特に賃貸物件の場合は、住民に大きな不安を与えることになるでしょう。早急に水道 評判の良い業者などに相談をして、適切な処置を受けてください。

■災害時に起こり得る水のトラブルと対策や予防

地震など災害が起きることによって、水のトラブルが生じる可能性もあります。人命の安全が第一ですが、その後の生活をするにあたり、相応の知識があれば生活面での負担軽減を図れます。
トイレは必ず使いますから、可能な範囲の対策が必要となります。風呂に水を溜めておいたり、生活用水を日常で確保しておくと良いでしょう。例えば、井戸水を使用できる環境であれば、たとえ断水が起きたとしても水を確保することができます。新規で井戸の設置を希望したり、既に設置をしている方でメンテナンスを必要とする場合は、水道 評判の良い業者に相談をしてください。
ガス栓やブレーカーを落とすことでも、漏電対策を図れます。火災を防ぐことに繋がり、建物への被害も抑えられる可能性が高まります。

■まとめ
水のトラブルは、軽微な詰まりや水漏れだけではありません。災害によっても、被害を相応に受けてしまいます。可能な範囲対策をとることで、被害を抑えることができます。自分では手に負えない作業の場合は、水道 評判の良い業者にメンテナンスや修理の依頼をしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース